プロペシアにジェネリック医薬品はあるの?

AGAの治療薬として、多くの方から必要とされている薬に、プロペシアがあります。

プロペシアは、髪の毛が成長する前に抜けてしまうことを防ぐという働きをしています。

AGAの治療においては、毛髪を増やすことではなく、これ以上抜けない状態にするという目的で用いられています。

AGAの悩みの多くは、髪の毛が成長する前に抜けてしまうことで毛髪が薄くなっていくというものです。

なので、プロペシアは、AGAという診断をされた場合、治療開始すぐから服用し始める薬です。

しかし、健康保険のきかない治療であるAGAは、プロペシアの料金もすべて実費で支払わなくてはいけません。

プロペシアの料金は決して安いものではないので、長期間継続して薬を服用すると、なかなか大変な出費になってしまいます。

そこで、以前から注目されていたのが、プロペシアのジェネリック医薬品でした。

プロペシアのジェネリック医薬品があれば、同じ抜け毛が止まる効果がかなり安い値段で購入できるようになるので、経済的な負担が非常に少なくなります。

そのため長期間服用することができ、より効果を求めやすくなるというメリットがたくさんあるのです。

しかしプロペシアは、特許の関係で2019年まで、ジェネリック医薬品を発売できない状態にありました。

プロペシアのジェネリック医薬品はなかったのです。

このたび、プロペシアのジェネリック医薬品が発売されることになりました。

販売される薬⇒プロペシア(フィナステリド)ジェネリック

もちろん、病院で処方してもらえます。

日本で正式なジェネリック医薬品ですから、非常に勢いよく売り上げを伸ばしていくことでしょう。